介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

これから介護職になる方 介護職に就いている方

介護士は本当に労働環境が悪いのか?検証してみた

投稿日:2017年8月18日 更新日:

Pocket

 

こんにちは。えいとと申します。

 

介護の仕事って、「給料が安い!」とか「激務で体がキツい!」「ブラックだ!」など世間で言われて言われていますよね。では、実際のところはどうなんでしょうか?検証してみましょう。

未経験からベテラン介護士になるために最も費用がかからない最強ルートを教えます。

 

スポンサーリンク

給料面について

 

これはもうあなた自身の働き方によると言えそうですね。ただ、世間一般ではやはり安い部類に入るとは思います。

 

厚生労働省の発表によると、正職員としてフルタイムで仕事をするとしたら世間一般の他の産業と比べると、月収で約11万円ぐらい低いというデータも出ていますから。

 

年収でみても他の産業と比べると、150万ぐらいは低くなりそうです。そう考えると、やはり介護職は給料が安いと言えますね。

 

ただし、これは正職員(フルタイム)として考えたらそうであって、時給(非常勤)で見たときには、決して低くはありません。

 

最近では、時給1000円超えは普通にあり、派遣会社などで契約した場合などは所持資格にもよりますが時給1500円以上もらえるところも普通にあります。

 

時給1500円にもなると、以前なら薬剤師クラスの時給になります。これだけもらえて安いということは決してないでしょう。今の介護の仕事はそのレベルに来ています。

人間関係が苦手な介護士におすすめ!派遣会社のメリットと仕組みを解説!

 

ただ、あくまでこれは派遣会社に登録したケースです。こんなにも金額が高騰してしまうほど介護業界は深刻な人手不足だから。もうホントこれに尽きます。

 

人手不足だからこそ、これぐらいの時給を払っても派遣会社はビジネスとして成立するのです。

 

この状態は、今後少なくとも10年ぐらいは続くと予想されます。

 

介護はサービスの種類にもよりますが、時間もキッチリ定時で終われるところも多いです。Wワークの1つとして働くなど、うまく活用するとすごくおいしい仕事と言えます。

 

つまり、給料面に関しては「正社員で働くには安い傾向にあるが、働き方などを変えてうまく活用すれば良い収入が期待できる」が正解と言えるでしょう。

 

「激務で体がキツイ」は本当か

 

これも世間でよく言われているネガティブイメージの一つです。これは、正直なところ会社次第です。

 

激務というのは「何を持って激務というのか?」という話になってきますが、こういうのが世間で言われいる「激務なのかな~」というのを想定しながら書いていきたいと思います。

 

1、体がキツイ

 

確かに介護の仕事は車椅子に乗っている人を移乗(他の椅子に乗せ変えたり、ベッドにのせたり)したりする時などはかなり力も使う事もありますが、しっかり技術さえ身につければ、女性の職員でもこういった力仕事をこなせるようになります。

 

どうしても一人で無理な場合は、他の職員と2人で介助すれば問題ありません。休日労働が多いというような意味合いとしてなら、会社次第ですね。

 

1、職員の数を多く増やして1人あたりの収入を抑える

もしくは

2、出来る限り、ギリギリの数で対応し1人あたりの収入を増やす

 

このどちらかでしょう。2ならキツイということになりそうです。ただ、1だったとしても「賃金がやすい」など、何かと言われてしまいそうですが。

 

2、人数が少なくて大変

 

これは当てはまるパターンも多いと思います。介護業界は慢性的な人手不足のため、十分な人員を確保できていないところも多いと思います。

 

ただ、国が定めた最低限の人数は当然、配置されています。(でなければ営業できません)ですので、これも会社次第と言えるでしょう。

 

そもそも国が定める最低限の配置がすでに少ないです。

 

多少人件費がかかっても手厚い介護をしている会社は人手も多いし、人件費を抑えている会社は最低限の職員数で対応しています。ですので、これに関しては会社次第によってバラつきがあります。

 

3、腰を痛める

 

これは事実です。利用者を抱えたりすることが日常なので、どうしても腰を痛めやすい仕事といえるでしょう。

 

ただ、これは政府も問題意識していて、腰の負担をなくすロボットなどの開発が急ピッチで進められています。

 

腰を痛めやすい仕事は他にも多々(トラック運転手など)ありますので、介護だけ強調されるのは少し違和感があります。

 

4、残業や、休日出勤が多い

 

決してそんなことはありません。介護業界はむしろ少ない方と言えるでしょう。管理職などは多少は該当する部分もあるとは思いますが、現場の職員はほとんどないところが多いと思います。

 

背景として、介護業界は女性が多い職場です。当然、主婦の方も多いので残業や、休日出勤を好まない方が多いことから、そうなったのではないでしょうか。

 

まとめ

 

・給料は正社員で働くには一般的な職種に比べて11万ぐらい低い。アルバイトとして働くなら高時給。

・激務かどうかは会社の職場環境次第。ただし、腰を痛めやすいのは事実

・残業や休日出勤に関しては会社次第ではあるが、特に介護が多いという訳ではない。むしろ少ない方。

 

介護の仕事自体は悪いとは言えないと思います。ただ、今後の介護業界はとんでもなく大変な状況になると予想されます。

 

賃金がそれに伴って上がれば良いですが、上がらなければ労働環境が悪くなるのは間違いないでしょう。

 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-これから介護職になる方, 介護職に就いている方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

介護福祉士という国家資格が至れり尽くせりで将来性抜群な件

  こんにちは。えいとと申します。   人手不足が深刻で大変な状況の中、介護の仕事をされている方は本当にご苦労様です。今回は、介護の実務仕事における上級国家資格「介護福祉士」の将来 …

夜勤をしている女性はがんになりやすい!?乳がん検診費用は安い

  こんにちは。えいとと申します。   先日、yahooニュースで気になる記事をみかけたので、載せておきます。   【AFP=時事】定期的に夜勤シフトで働く欧州と北米の女 …

デイサービスを辞めたいと思う職員の共通する悩みとは?

    こんにちは。えいとです。   今回のテーマは、   ・デイサービスを辞めたい職員の共通する悩みについてです。   実はデイサービスは介護サービ …

未経験の50代男性が介護士の面接で不採用になる共通点とは?

  こんにちは。えいとと申します。   介護の世界では、主に女性が多く活躍する業界です。他人の生活のお世話をする時は、特に細かいことに気がつく女性の方が向いていると言われています。 …

退職日がボーナス支給日だった!介護士の場合どれくらいもらえるの?

  こんにちは。えいとと申します。   みなさんも退職日を決める時にボーナス時期を意識したこと、疑問に思ったことないでしょうか?   実際のところはどうなんでしょうか。簡 …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ