介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

介護職に就いている方

もう介護士を辞めたい!人手不足を理由に辞めさせてもらえない時の対処方法とは?

投稿日:2017年10月16日 更新日:

Pocket

 

こんにちは。えいとと申します。

 

なぜ最近こんなに多いのか?

 

「辞めたくても辞めさせてもらえない人。」と同時にそれと同じぐらい「辞めたいと言ってる人を辞めさせない人。」

 

時代の流れが日々変化していく中で、一昔前の終身雇用や数年働いてようやく1人前みたいな価値観が、今はほとんど薄れてきています。

 

なので、職場が変わることに以前ほど抵抗がない人も多いです。むしろ、同じところに居続けることにもリスクが出てきていますから。日本の一流企業のSHARPや、TOSHIBAがこんなにも大変なことになるなんて、誰が予想出来たでしょうか。

 

ましてや介護の業界なんて職員の奪い合いです。少しでも条件が良いところに行きたいだろうし、条件が悪いところは辞めたいと思うのが普通です。

 

そこで、今回は辞めたくても辞めさせてもらえない時はどうすればよいのか?を書いていきたいと思います。

介護職のあるある質問20全て答えます!恋愛、お金、仕事内容など~

 

スポンサーリンク

退職届を受け取ってもらえない場合

 

よくある一般的なパターンとしてまずは上司に退職の意向を伝えます。

 

この時点で次の就職先や予定が決まっている場合は、その予定に合わせて退職日を設定し、それを退職届に記載して上司に退職の意向を伝えるタイミングと同時に渡すのがベストです。

 

当たり前のことですが普通の会社ならこれだけでスムーズに退職できます。ただ、どうやら世の中にはとんでもない会社も存在していまして、なかなかうまくいかないことも多いようですね。

 

①上司がのらりくらりと話をはぐらかし、なかなか辞めさせてもらえない場合

 

そもそも職員の退職に関しては、職員側に権限があります。会社側が辞めさせてくれないといっても、それを聞く義務は一切ありません。会社側が職員に許可するものではないのですから。

 

ただ、

・人手も足りてない中、辞めるので負い目を感じて強く言えない・・・

・上司の無言の圧力が怖い・・・

 

などなどあると思います。人の弱みに付け込んで(もしくは甘えて)取り合ってくれないケースは重々あると思います。これに関してはもうあなたが毅然とした態度で意思を伝えるしかありません。

 

会社側の都合だけで辞めさせてくれないような会社に負い目を感じる必要はありません。思い切って行動することが大切です。

 

ただ、本当によくしてもらった会社なら引継ぎの期間も十分に考えて退職日を設定した方が良いです。お互い円満に辞めるのが当然ベストです。

 

退職する場合は明確に意思を伝えること

 

正確には、口頭でも辞める意思を伝えればOKですが、やはり人間忘れることもあるだろうし、言った言わないの水かけ論になるので、しっかり退職届を書きます。

 

間違えてはいけないのが、退職願退職届。退職願は後で撤回可能です。退職届は、「はっきり退職します」という強い意志表示です。しっかり退職届と記載すること。

 

②露骨に辞めさせてくれない場合

 

「こんなこと本当にあるの?」と思ってしまうドラマのワンシーンでもありそうなケースの場合

 

・その場で破かれる

・シュレッダーされる

・中身を空けずにゴミ箱へ

 

こんなこと僕は見たことも聞いたこともありませんが、とんでもないブラック企業なら可能性はないとは言えません。

 

もうこれぐらい露骨に受け取らないような状況なら、強引に行動するべきです。自分で出来る方法は1つ。会社の本部に直接掛け合うこと。

 

直接の上司がそんなことをするとんでもないような上司なら、直接本社や本部に電話しましょう。さすがに会社ぐるみでそんなことをしていることはほぼないと思います。

 

最終手段として弁護士に相談する

 

もし、どうしても会社自体が信用出来ないようなら、最終手段として法律で手続きをとります。退職届を内容証明郵便で送る方法が一般的ですが、基本はプロの弁護士に相談すれば大丈夫です。

 

費用面についても国が運営している法テラスを利用すると、まずは無料で相談に乗ってくれます。

 

簡単なケースなら電話でも教えてくれますよ。ちなみに僕もプライベートな事情で利用したことがあります。

日本司法支援センター「法テラス」

 

あとは市区町村の役所でも無料法律相談を行っているところもあります。これも僕は利用したことがあって、予約制で約1時間の間、相談に乗ってもらえます。

 

多分、弁護士の方が日替わりで担当をしてくれています。そこまで専門性がない内容なら十分解決してくれます。

 

あまりにもとんでもない会社なら、こういう便利な機関は遠慮せずにどんどん利用してやりましょう。

 

退職日は基本は就業規則通りにするのがベスト。どうしてもの場合は2週間前

 

もちろん、双方の円満退社がベストなことは言うまでもありません。基本的には就業規則に記載してある期限を守る方が無難だと思います。

 

ただ、そうは言っても就業規則に書いてあるのは「3ヶ月とか4ヶ月前に通知すること」なんてことはザラにあります。

 

そんなこと就業規則に書いてあっても、ふつうそんな就業規則なんかあまり見ることないですよね?僕も管理職になって初めて就業規則というものを知ったぐらいですし(笑)

 

そもそもブラック企業なんて就業規則を普通に閲覧できるようなところに置いてあるのかすら疑問です。

 

ちなみに就業規則は従業員がいつでも閲覧できるように置いておかなければならないという決まりがあります。

 

まあ、仕事を辞める理由ってほとんどが不満です。お金、人間関係、仕事内容など。そんな理由なのに3ヶ月とか4ヶ月前に辞めることを告げるなんてそんな計画的に出来るものではないですよね。

 

最短で2週間前の通知で退職できる

 

 

民法では最低2週間さえ在籍すれば退職できるように決まっています。よっぽど業務が独占的で引継ぎが十分でなく、会社側に莫大な損害が出るようなケースなら裁判で負ける可能性もありますが、介護職なら全く問題なく2週間でも大丈夫でしょう。

 

ですので、基本は就業規則通り、どうしても我慢ができない場合は2週間前には退職する旨を伝えればOK。

 

この事さえしっかり理解していれば、上司が「就業規則を守らないと訴える」とか「職員不足で業務の引継ぎができないから退職が認められない」などと引き留めても、強制力はありません。

 

あとは正々堂々と「それでも辞めます」と突き返してやりましょう。

 

そもそも「訴える」とか言われたら、普通の方なら不安になってしまいますよね。そんな人の弱みに付け込んだやり方が通用する訳ありません。

 

法律的に見れば、圧倒的に労働者側が有利になっています。また、訴えると言っても会社側はそんな時間と費用をかけても、結果的に損をするだけなので行動に起こすことはないでしょう。安心して下さい。

 

「上司がやめさせてくれない」というよりはお願いをされた時

 

これに関しては僕自身もよくお願いしていますね(笑)正直なところ今のご時世、より待遇が良い会社や、介護より給料が良い職業など山ほど存在しますし、転職もしやすいと思います。

 

こんな状態では、もはや説得やごまかしなんてなんの意味も成しません。ひたすらお願いするのみです。

 

そんな時の対処法なんかありません(笑)残れる余裕があるならできる限り協力してあげればいいし、なければ「申し訳ありませんが・・・」といって断ればいいです。

 

最後に

 

まあ、次の職場に気持ち良く切り替えるためにも、円満退社が望ましいのは間違いないことです。

 

あくまで、そう出来ないようなケースの場合は仕方ありません。強い意思を持って行動しましょう。

 

また、職場環境は悪くなく、待遇面が不満で辞める場合は、出戻りする可能性も考えて勤務態度は良好にしておく方がいいですよ。

 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-介護職に就いている方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「人間関係で介護の仕事を辞めたあなたに」おすすめする転職先の探し方

  こんにちは。えいとです。   はっきり言って転職の選択肢は正解です。   僕はこのブログでも散々言ってきましたが、人間関係で悩むぐらいならさっさっと辞めた方がマシ。断 …

そもそも介護士ってどう評価されるの?評価が高い人の特徴とは?

  こんにちは。えいとと申します。   6月、12月が近づくにつれて、どうしても気になるのが自分に対する評価ですよね。なぜならこの評価次第で、ボーナスの額が決まると言っても過言じゃ …

「介護の職場恋愛について」積極的にした方が楽しい。そういう職場を選ぼう!

  こんにちは。えいとです。   恋愛なんてどんどんすればいい   というのが僕の考えです。介護に限らずどの職業、職種、地域、趣味、活動、学校、組織などなど。そこに男と女 …

高齢者が喜ぶイベントとは?全員が感動します!

  こんにちは。えいとと申します。   今回は、介護施設で働いていたり、普段お世話になっている高齢者に少しでも喜んでもらいたいと考えてる方におすすめのイベントをご紹介したいと思いま …

介護の職場で人間関係が悪いなら原因はたった1つだけ!

  こんにちは。えいとと申します。   今から書く内容はどちらかと言うと管理職の方に向けに書きたいと思います。僕自身、現在も管理職として四苦八苦しながら仕事をしていますが、職場の人 …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ