介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

これから介護職になる方

現職の管理職が答える小規模多機能で働くメリットとデメリット

投稿日:2018年3月6日 更新日:

Pocket

 

こんにちは。えいとと申します。

 

みなさん、「小規模多機能居宅介護」ってご存知ですか?

 

これけっこう知らない方も多いです。先日びっくりしたのが、居宅支援事業所のケアマネージャーに知らない人がいたことにはさすがに驚きました。

 

この小規模多機能居宅介護という介護サービスは利用者にとってはすごく便利なサービスです。

 

どれぐらい便利かというと、利用者の都合に合わせすぎて介護事業者が新規参入を敬遠するほどです。

 

ここまで、やり過ぎるともう本末転倒というかなんというか・・・。

 

とそれぐらい利用者にとって便利のよいサービスを居宅支援事業所のケアマネージャーが知らないというのはちょっとどうなの?という気がしないでもないです。

 

まあ、実は小規模多機能居宅介護は大人の事情居宅支援事業所のケアマネージャーにとってはすごく使いづらいサービスでもあるのですが。

 

そのあたりの理由はこちらケアマネージャーが教えたくない実質12万円台で入れる介護施設とは?

 

ただ、今回は利用者目線ではなく、介護士として小規模多機能居宅介護で働くことを考えている人にメリットとデメリットをお伝えできたらなと思います。

 

以前にも書いた記事の補足として書きますので参考にしてみてください。介護職をするなら小規模多機能居介護は避けるべき

 

スポンサーリンク

そもそも小規模多機能居宅介護というサービスは

 

小規模多機能居宅介護とは

1、通いサービス(デイサービスなどの通所介護)

2、宿泊サービス(ショートステイ)

3、訪問サービス(訪問介護)

 

これら3つのサービスを定額で好きなだけ利用できるサービスです。通いたい曜日、時間に通え、泊まりたい日に泊まることができ、訪問に来てほしい時にきてもらえる利用者にとっては至れり尽くせりなサービスです。

 

このあたりの事情で「とてもじゃないが運営をする余裕がない」というのが事業所側の本音です。さらに居宅支援事業所のケアマネージャーはケアプランを作成することによって収入を得ています。

 

小規模多機能居宅介護を利用するようになれば、担当ケアマネージャーは施設側に代わってしまいます。

 

これでは、居宅支援事業所のケアマネージャーは利用するように勧めないでしょう。ましてや、通いならデイサービス、宿泊ならショートステイ、訪問なら訪問介護をそれぞれ単独で利用すれば済む話ですから。

 

これが冒頭の大人の事情というわけです。

 

(実は小規模多機能居宅介護は、厚生労働省の肝いりでスタートしました。何が何でも成功させるという覚悟のもと生まれたサービスです。ところが上記のような事情で利用者が増えず、倒産を余儀なくされる事業所も増えていることから、担当ケアマネージャ―を代えずに利用できるように現在、話合われています)

 

小規模多機能で働くメリット

 

小規模多機能で働くメリットは2つ。

 

1、介護士として、全ての介護サービスに対応できるようになる

2、利用者が少ないところも多く、無理なく仕事ができる

 

1、介護士として、全ての介護サービスに対応できるようになる

これは小規模多機能の特徴でもある3つのサービス。1、通い 2、泊まり 3、訪問。小規模多機能の職員はこの3つの介護サービスを経験することが出来ます。

 

介護というのは、基本的にこの3つのサービスで成り立っているので、これを経験することによって全ての業種に対応できるようになります。

 

これを経験した職員は、デイサービスなどの通所系、特養、有料老人ホームなどの入所系、訪問介護などの訪問系、全て対応できるようになり、介護士としてのキャリアアップは申し分ないと言えます。

介護福祉士という国家資格が至れり尽くせりで将来性抜群な件

 

2、利用者が少ないところも多く、無理なく仕事ができる

 

これは事業所にもよりますが、小規模多機能は上記で説明した通り利用者を集めにくいサービスでもあります。ですので、利用者数が少ない事業所も多くあります。

 

特養みたいに「人員カツカツで回さなければならない」みたいなこともあまりないのかもしれません。

 

小規模多機能で働くデメリット

 

では、反対にデメリットとは何か?これも2つあります。

 

1、集客に苦戦し、事業所が閉鎖する可能性がある

2、利用者が少ないことにより、処遇改善手当が少なくなり収入が減る可能性がある

 

共通しているのが、どちらも利用者が少ないことです。

 

1、集客に苦戦し、事業所が閉鎖する可能性がある

 

上記のメリットでも説明しましたが、そもそも利用者が少なくなりすぎたら、事業を閉鎖になる可能性もあります。

 

特に注意したいのが、小規模な事業所です。有限会社で運営しているとか、株式会社でもかなり小規模な施設は注意が必要です。

 

2、利用者が少ないことにより、処遇改善手当が少なくなり収入が減る可能性がある

 

近年、介護士の給料が上がってきている理由がこの「処遇改善手当」というものです。これは、利用者の人数に応じて国から支給される報酬であり、雇用主を通して介護職員に支払われるものです。

 

利用者が少なければ、当然金額も少なくなります。月給自体は契約した内容通りに支払われますので、問題ありませんが処遇改善手当というのは3月末までに全て介護職員に支払いきらなければなりません。その時に、事業所単位で支払う法人もあります。

 

例えば、「同じ法人内でも特別養護老人ホームの職員には入居者が多いため10万円づつ支給、小規模多機能の職員には、利用者が少ないため5万円づつ支給する」といったようなことだって可能ですし、有り得る話です。

 

処遇改善手当というのは、誰にいつどれぐらい支払うのかは事業所の判断になります。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

上記のような内容をふまえて、小規模多機能居宅介護で仕事をしようと考えている方は参考にしてください。

未経験からベテラン介護士になるために最も費用がかからない最強ルートを教えます。

 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-これから介護職になる方

執筆者:

関連記事

もはや公務員レベル。介護の仕事は抜群の安定性!

  こんにちは。えいとです。   夫には安定した仕事に就いてほしい   と願う女性の方も多いのではないでしょうか。よく女性からはそんな言葉を聞きますね。そういう方には介護 …

介護職をするなら小規模多機能居介護は避けるべき

  こんにちは。えいとと申します。   今回もなんとかボーナスの時期を乗り切ったか・・・。   職員は状況次第でいつ退職者が現れてもおかしくない状態ですが、このボーナスの …

介護福祉士という国家資格が至れり尽くせりで将来性抜群な件

  こんにちは。えいとと申します。   人手不足が深刻で大変な状況の中、介護の仕事をされている方は本当にご苦労様です。今回は、介護の実務仕事における上級国家資格「介護福祉士」の将来 …

「介護職に戻りたいけど・・・」とまだモヤモヤしてるの?資格を眠らせているのはもったいないですよ。

  こんにちは。えいとです。   今ほど介護職に戻りやすいタイミングもなかなかないですよ!マジで。   僕がよく見ている介護のニュースサイトJOINTの記事によると、資格 …

「介護職の転職回数が多くて面接が不安」解決策はとっても簡単です。

  こんにちは。えいとです。   就職したい介護施設が見つかったけど・・・転職回数が多くて不安。転職回数が多いことを理由うに不採用になってしまうかも・・・。   とこんな …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ