介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

これから介護職になる方 介護職に就いている方 管理職の方

介護職員の処遇改善手当はいくら?パートでももらえるの?裏話など疑問にも答えます。

投稿日:2018年3月7日 更新日:

Pocket

 

こんにちは。えいとと申します。

 

みなさん「処遇改善手当ってご存知でしょうか?」と聞くとだいたいの人が知っていると答えます。では「どういう制度で、誰に?いつ?どれくらい?支払われるのか」についてはほとんどの方が知りません。

 

今回は、たくさんの人が気になっている処遇改善手当とはどういうものなのか?いくらもらえるか?パートでももらえるのか?などについてお伝えしたいと思います。

 

処遇改善手当の振分け方については僕も実務として携わっていますので、参考にしてもらえると思います。

未経験からベテラン介護士になるために最も費用がかからない最強ルートを教えます。

 

スポンサーリンク

処遇改善手当とは

 

そもそも処遇改善手当とは

1 基本的な考え方
介護職員処遇改善加算(以下「加算」という。)は、平成 23 年度まで実施されていた介護職員処遇改善交付金(以下「交付金」という。)による賃金改善の効果を継続する観点から、平成 24 年度から当該交付金を円滑に介護報酬に移行し、当該交付金の対象であった介護サービスに従事する介護職員の賃金改善に充てることを目的に創設されたものである。

<厚生労働省より>

 

あまり難しい説明は必要ないと思うので、シンプルにお伝えしていきます。処遇改善手当というのは、処遇改善加算の申請をした介護事業所が対象者に手当として支払うものです。目的は1つ。介護職員の収入を上げる為の制度です。

 

申請した処遇改善加算はどういう振分けで介護職に支払われているのか

 

実は申請をし、処遇改善加算として振り込まれたお金をどういうふうに支払うかは事業所の判断に委ねられているのです。条件は以下の通り。

 

・4月~3月の年度内に申請して得た全ての金額を1円以上プラスして支払う

・支払い対象者は介護職員のみ(介護職と兼務している管理者やその他のケアマネージャーなどは支払い可)

 

国が指定しているのはこの2点のみです。つまり、逆に言えば

 

・正職員にだけ支払う

・パートやアルバイトの非常勤の時給に上乗せして支払う

・たった1人の職員に全額支払う

・毎月一時金として支払う

・ボーナス月など、指定して支払う

・年度末に支払う

・その他

 

これら全て事業所の裁量次第で可能だということです。例えば、1000万円の処遇改善手当を1人の職員に全額支払うことも可能なんです。(そんな事業所はないと思いますが)少し驚いた方もおられるのではないでしょうか。

 

A社「正社員に7割、パートに3割」

B社「正社員に9割、パートに1割」

C社「出勤時間数によって比例」

D社「正社員、パート関係なく個人の能力に応じて管理者が判断」

E社「社長や理事長の一存」

 

などなど。

 

「処遇手当っていくら?」とか「パートでももらえるの?」っていう質問がなくならないのはこの為でしょう。会社によって支払い方が全然違うからです。

 

事業所によっては処遇改善加算の申請をしないところも・・・

 

中には、こんなお得なお金がもらえる制度を申請しない事業所もあります。実は、この処遇改善加算を申請するのは、事務的にかなり煩雑になります。

 

いろいろ面倒な書類が必要になるし、キャリアパス制度(能力に応じた昇給制度)を整えたりとけっこう大変な業務になります。

 

大手の法人なら事務長や事務員がいてるので出来ますが、小規模な事業所はかなりの負担になります。その為、申請しない事業所が約1割ほど存在します。

 

もったいない話ですが、それほど煩雑だということです。

 

処遇改善手当を賞与(ボーナス)として支払うことも可能

 

ケチな事業所なら処遇改善手当をボーナスとして支払うところもあります。現場で苦労している介護士からすれば納得できないかもしれませんが処遇改善手当の性格上、全く問題ないことなんです。

 

派遣職員に支払うことも可能

 

今の時代、派遣会社を利用している介護事業所も少なくないと思います。処遇改善手当はそんな派遣職員にも支払うことが可能なんです。派遣職員はその事業所に直接採用されている職員ではありません。

 

派遣職員に支払う給料は、派遣会社への取り分もある為割高です。時給で言えば1600円~2000円ぐらいの給料を派遣会社に支払っています。(このお金から派遣会社が派遣職員に支払われます)

 

派遣職員に支払う処遇改善手当は、逆に言えば直接雇用されている職員の分でもあります。直接採用されている職員からしたら、なんで派遣職員に支払うの?と不満が出てもおかしくはありません。

 

ちょっとした裏話

ある大手の介護事業所Aはあまりにも派遣職員が増えすぎて人件費が膨らんだ為、処遇改善手当のほとんどを派遣社員に支払ったところもあります。どういうことかと言うと、派遣社員の給料は時給で計算されて派遣会社に支払います。例えば、派遣社員の時給が1800円だったとします。その1800円にさらにいくらかを上乗せするのではなく、1800円のうち、100円を事業所負担、残りの1700円を処遇改善手当で支払ったのです。ですので、実際の会社の負担は時給100円のみです。「ちょっとそれはどうなの?」ということも可能なんです。

 

特別養護老人ホームの約3割は赤字というデータが出ています。その理由の大半が人件費です。

 

人手不足と言われている介護業界で人件費が原因で赤字というのは矛盾しているように感じますが、おそらく人材不足により、割高な派遣会社を使いすぎたことによるものだと思います。さらに求人広告に使う費用も含まれているでしょう。

 

派遣会社は上手に使うことが必要です。急な時の助っ人として利用するならすごく便利です。長期で利用すると当然、割高になってしまいます。

 

派遣会社の仕組みを知りたい方はこちらをご覧ください。

なぜ、時給が高いの?人間関係が苦手な介護士におすすめ!派遣会社のメリットと仕組みを解説!

 

どうしても納得したいあなたへ

 

これまでの内容で処遇改善手当のことがわかってもらえたと思います。つまり、処遇改善手当は事業所の判断次第で支払われるので、支給される側は詳しくわからないということです。

 

どうしても納得して働きたいという方は、支払い方法を完全に決めているところ(毎月定額など)、もしくは支払い方法を説明してくれる事業所を探すしかないでしょう。

 

最後に僕からのアドバイス

 

「今勤めている会社を判断したい」もしくは「これから入社する会社を判断したい」という方は、処遇改善手当をしっかり払われているかということを確認するのではなく、あくまで年収で納得できるかどうか、パートなら時給で納得できるかどうかで判断して下さい。

 

処遇改善手当の額で判断するなんて難しいですし、年収で判断する方が確かだからです。

 

「ここの会社は処遇改善手当を納得のいくような支給をしてくれています」という会社の年収が250万と、「処遇改善手当がどういうふうに支払われているか全く説明がありません」という年収400万の会社。あなたならどっちを選びますか?ということです。

 

会社側も処遇改善手当をうまく使わないと職員が退職してしまったり採用できなくなってしまうので、ズルい使い方はリスクになるという認識はしっかりあります。

 

今の時代、少しインターネットで検索するだけで大半のことはわかってしまいますので、職員から反感を買ってしまうようなことはしません。

 

あくまで今の給料で納得できるかどうかが1番大切なことです。

「現役介護士に人気の1番多い副業はやっぱりあれ!」その他の副業もご紹介♪

 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-これから介護職になる方, 介護職に就いている方, 管理職の方

執筆者:

関連記事

子育て中のシングルマザーに介護職をおすすめする理由

  こんにちは。えいとと申します。   さすがにびっくりしました。最近は日々介護士の給料が高騰している訳ですが、ついに時給1400円以上の求人を出すところも出てきています。 &nb …

介護の面接にスーツは必要ない!パートの服装は?など面接時の疑問にお答えします!

  こんにちは。えいとと申します。   今回はけっこう思いきったタイトルをつけてみました。よくある疑問として   介護職の面接にスーツを着る必要性があるのか? &nbsp …

面接で不利になる?介護の仕事にパソコンスキルは必要なのか?お答えします。

  こんにちは。えいとと申します。   先日、40代女性の面接者から質問がありました。質問の内容はと言うと、「パソコンの操作が全くできないのですが、大丈夫でしょうか?」といったよう …

介護士という職業が結婚に向いている理由と方法

  こんにちは。えいとと申します。   結婚する人もいれば、離婚をする人もいます。芸能界では今年も様々な男女の出来事がありました。この世の中は、当たり前ですが男と女しかいません。 …

人手不足解消!介護施設で職員が集まらない時にするおすすめの方法「どうしてもシフトが組めない」と嘆く前に。

  こんにちは。えいとと申します。   ・毎週毎週バカにならない経費を使って職員の応募をしてもまったく反応なし・・・   そんな悩みを抱えている採用担当者も多いと思います …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ