介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

失敗談

最強の個人情報「履歴書」を誤送してしまった結果・・・

投稿日:

Pocket

 

こんにちは。えいとです。

 

タイトル通りです。今考えただけでもゾッとするようなミスを先日、犯してしまいました。僕は職務の関係上、職員の履歴書を管理しております。当然、昨今のコンプライアンス重視の傾向は十分理解しております。にも関わらず、あるべきことか面接に来られて採用した職員の履歴書を誤ってハローワークにFAXしてしまいました。

 

忘れもしません。

 

送信ボタンを押した瞬間のあの絶望感・・・。

 

スポンサーリンク

細心の注意を払っていたが・・・

 

実は、履歴書の扱いとして原本は僕自身が管理し、コピーを本社に渡す流れになっています。普段は、直接担当者に手渡しするのですが、時間的に余裕がない場合はFAXすることもあります。FAXするときは、細心の注意を払い不特定多数の従業員に見られないように、担当者に今からFAXする旨を伝えてからFAXします。

 

担当者はその時だけはFAXの前にたち、履歴書が送られてきたのを受け取るという流れでやっています。本当はスキャンしてファイル化してからデータを送るとかに方法を変えた方がいいのはわかっていますが、何せアナログな職場でして・・・。それにファイル化してもメールの宛先を間違えてしまえば、結局は一緒、仕事にはヒューマンエラーはつきものです。

 

ハローワークに速攻でお詫びのTEL

 

送信のボタンを押した段階で気付いたので、すぐに誤送信したハローワークへ電話しました。ハローワークは求人票の新規作成や、内容変更、更新などで頻繁にやりとりをしています。ですので、普段の癖で間違って送信してしまったのです。

 

普段よくやり取りをさせていただいているハローワークの担当の人に事情を説明し、謝りました。担当の人は「そうだったんですね(笑)安心してください。誰も見ていないです。責任持って破棄しておきますね」とおっしゃっていただきました。

 

助かった・・・。

 

正直、生きた心地がしなかったですね。別にキャッシュカードの暗証番号が載っている訳ではないので、実害的にないのかもしれませんが個人情報が誤って漏れたということ事態が大問題ですよね。しかも履歴書というまさに「KING OF個人情報」

 

履歴書の本人への対応はそうとう悩みましたが、しっかり事情を説明して謝罪することにしました。一瞬、このまま黙っておこうかと黒い心が頭をよぎったのですが、もしバレた時のことを思えば、正直にしかも早めに謝っておいた方がいいだろうということで謝罪しました。

 

幸いなことに本人は、あんまり大したことじゃないと思ってくれる方だったので、許していただきました。これでとりあえずは、ひと安心です。その後に飲んだコーヒーの味は言うまでもなく格別でしたね。みなさんも重要な書類をFAXする際は、十分気をつけてください。FAXには「本当に送信してもいいですか?」みたいな再確認はありませんので。

 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-失敗談

執筆者:

関連記事

経験年数10年以上のベテラン女性介護士を雇った結果・・・

  こんにちは。えいとです。   「解雇するしかないのか・・・」   と出来ればその選択肢は避けたいところです。難しいものですね。人をたった1回の面接で判断するということ …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ