介護のすすめ

~介護関係、求人情報、高齢者についてなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

これから介護職になる方 介護の資格 介護職に就いている方

介護職員初任者研修と介護福祉士とではどれくらいの収入差が出るの?比較してみた

投稿日:2018年5月3日 更新日:

Pocket

 

こんにちは。えいとです。

 

今回は介護士が最初に取得する資格「介護職員初任者研修」とその上級資格で国家資格でもある「介護福祉士」とではどれくらい収入に差が出るのかを比較してみました。

 

・実務経験3年経つので、介護福祉士をとるために実務者研修を受講するか悩んでいる

・初任者研修と介護福祉士とではどれくらい収入に差が出るの?

 

とこんな疑問を持っている方も多いと思いますので、比較をしてみました。参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

介護職員初任者研修とは

 

介護士の入り口となる資格です。費用も約5万前後と比較的取得しやすく、採用面接時に大きく有利になる資格です。コスパは最高ですね。

 

ハローワークの職業訓練などを活用すれば無料で取得することも可能です。詳細はこちらを見てください。

<求職者支援制度>不況に強い介護の資格を無料で取得できる方法!

 

介護職員初任者研修

受講資格

特になし(誰でも受講可能)

受講費用

およそ5万円前後

受講日

資格取得学校による

無料の資料請求はこちら

 

介護福祉士とは

 

介護の分野において、最上位の国家資格です。

 

介護福祉士

受験資格

①3年以上介護の業務に従事し、実務者研修を修了したもの。

②介護福祉士養成施設を卒業したもの。

③福士系高等学校で所定の科目修めて卒業したもの。

後、国家試験に合格すること。

受験料

13,140円

申し込み期間

8月上旬~9月上旬

無料の資料請求はこちら

 

どれぐらい収入に差が出るの?

 

 

ではどれぐらい収入に差が出るのでしょうか。下記を見てください。

 

月給 時給
介護福祉士 5000円~2万円 1050円~1200円
初任者研修 0円~3000円 900円~1000円
無資格者 0円 900円~950円

 

 

介護福祉士の場合

 

正社員など月給制の場合は資格手当が付きます。およそ5000円~2万円ほど。平均は1万円ぐらいが妥当なラインだと思います。最近は、これ以上の金額を出すところも増えていますね。

 

パートやアルバイトなど非常勤の時給の場合は、1050円~1200円ほど。こちらもこれからより高騰していく可能性が高いです。

 

介護職員初任者研修の場合

 

月給制の場合は、資格手当が0円~3000円程度。こちらの場合は手当が付かないところも多いです。出ても3000円ぐらいといったところでしょうか。

 

時給の場合は、900円~1000円程度。無資格者よりかは若干、時給が高く設定されています。

 

ぶっちゃけ年間でどれくらいの差が出るの?

 

およそ20万~30万の差が出るという結果に!

 

資格手当だけで考えると、10万~20万の差ぐらいなのですが、実は資格に応じて処遇改善手当を支給している会社が多いのです。この処遇手当でかなりの差が出ます。

 

処遇改善手当というのは、国が介護職員の待遇を良くしようとしてできた制度です。詳しくはこちら。

処遇改善手当はいくら?パートでももらえるの?ちょっとした裏話など疑問に答えます。

 

年間で20~30万も差が出るのは正直かなり大きいと思いますね。

 

どんなメリットがあるの?

 

では資格手当以外でどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

介護福祉士

・サービス提供責任者になることが可能(訪問系)

・生活相談員になることができる(入所系施設やデイサービス)

・今後、収入が大幅に上がる可能性が高い

・介護士としてなら苦労せずほぼ転職可能

 

 

介護職員初任者研修

・訪問系の介護職員になるにはことが可能

・今後、収入が介護福祉士ほどではないが上がる可能性が高い

・就職にも有利。さらに実務経験もあればかなり有利になる

 

とそれなりにどちらもメリットがあります。特に収入面はどちらもかなり期待できると思います。

 

実務者研修ってどうなの?

 

介護職員初任者研修と介護福祉士の間に「実務者研修」という資格があります。これは介護福祉士を取得するのに必須の資格になります。

 

収入で言えば初任者研修とほぼ同等です。あまり、細かく区分けしてない会社が多く、だいたい3段階で分けています。「無資格」「資格所持者」「介護福祉士所持者」という感じでしょうか。

 

 

やはり介護福祉士は取得しておくべき

 

上記の結果から「当分は介護士としてやっていこう」と思うなら介護福祉士まで取得しておくべきですね。初任者研修のままでやっていくのはもったいないですよ。

介護福祉士という国家資格が至れり尽くせりで将来性抜群な件

 

さらに費用面でも国からの制度を利用すれば実務者研修は実質無料で取得できます。最低でも2年は介護の仕事をするという方は、活用した方が絶対お得です。

 

実務者研修取得するための費用を貸し付けてもらえる制度です。貸付後、2年間介護士として勤務すれば返還が免除されます。

貸付金額

・介護福祉士実務者研修の受講にかかる費用として20万円以内を貸与することができる

返還免除条件

・卒業後1年以内に介護福祉士として登録

・住民票のある都道府県内の介護事業所で最低2年間従事する

各都道府県の社会福祉協議会に確認してみてください。

 

人材派遣会社でも取得させてもらえる!

 

人材派遣会社に登録して資格を取得するのも1つの方法です。半年間~1年間ぐらいの勤務で取得させてもらえると思いますよ。



 

介護職の就職なら!
えいとおすすめ就職サービスをご紹介します。

コンサルタントが無料でサポート! 案件紹介も面接設定も条件交渉もすべておまかせ! 介護の求人案件数最大級/スマイルSUPPORT介護
登録者が苦手だと感じる面接日程の調整や給与金額の交渉も代行してくれ、 キャリアアドバイザーが書類の提出から、内定後は入社日の調整まですべてまとめてしてもらえます。しかも無料なので気軽に登録することができます。
案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護


女性の方におすすめの転職サイト
コーディネーターは全員女性で女性スタッフですので、 男性に言いにくいような「女性ならではの悩み」なども相談に乗ってもらえます。 約8万件以上の求人の中から、「定時で帰れる職場」 「突発的な休みを理解してくれる職場」「育児休暇や介護休暇が取りやすい職場」といった、 特色のある求人をピックアップしています。
女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】
Pocket







-これから介護職になる方, 介護の資格, 介護職に就いている方

執筆者:

関連記事

「小規模多機能居宅介護」の介護士は注意が必要。事業運営が怪しくなってきた。

  こんにちは。えいとです。   雲行きが怪しいですね・・・。   実は、最近ちらほらと「小規模多機能居宅介護」という介護サービスを運営している事業所が次々に閉鎖していま …

勤続10年以上の介護福祉士に8万円支給されない危険性

  こんにちは。えいとと申します。   第5に、介護離職ゼロに向けた介護人材確保のため、介護職員の更なる処遇改善を進めます。介護サービス事業所における勤続年数10年以上の介護福祉士 …

<求職者支援制度>不況に強い介護の資格を無料で取得できる方法!

  こんにちは。えいとと申します。   先日も、「何か良い情報はないかな~」とハローワークをたずねました。まあ、ハローワークの担当者もこの人手不足はかなり異常だとおっしゃってました …

年金支給開始が75歳に?定年後のアルバイトに介護職がおすすめの理由

  時間の問題とは思っていましたが、年金支給開始年齢がさらに引き上げられる可能性が出てきましたね。   とりあえず現時点では、65歳から年金が支給されますが、75歳まで年金を受け取 …

今すぐ退職届を出すべき!ブラックな介護施設の特徴

  こんにちは。えいとと申します。   世間ではブラック企業という言葉がよく飛び交っていますが、この介護業界もそれなりにブラック企業といわれるような企業は間違いなく存在します。 & …

プロフィール

はじめまして。えいとと申します。介護の仕事をして10年がたちました。現在は人事、採用関係を担当しております。人手不足で本当に大変な時代が来ましたね。これから、介護の仕事をされる方、または現在、介護の仕事に就いていて色々悩んでる方へ参考にしてもらえるような記事を書いていきたいと思います。このブログは100%自分の経験、考え方に基づいて書いております。最低でも「1記事1価値」を提供できるように日々勉強しております。よろしくお願いします。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ